ムービー作り成功のコツ|和婚のルールとマナーを熟知しよう|伝統を重んじて式を挙げるべし
男性と女性

和婚のルールとマナーを熟知しよう|伝統を重んじて式を挙げるべし

ムービー作り成功のコツ

フィルム

写真の集め方

結婚式に流す生い立ちムービーを作るコツですが、映像に使用する写真とBGMに使う曲が必要になります。生い立ちムービーに使う写真は、新郎新婦の生まれたときから今に至るまでのあらゆる写真を集めましょう。手元に写真がない場合は、友人が持っているものを借りたり、親戚に頼んで集めることも可能ではないでしょうか。実家から離れて暮らしている場合は、写真を集めにくくなりますから、早めに集め始めた方がよいでしょう。実家まで行く時間がない場合などは電話をかけて、写真や画像だけ送ってもらうこともできるでしょう。生い立ちムービー用の写真を集め終わったら、一枚一枚にコメントを書き込んだり、画像を加工したりする作業があります。

曲の選び方

生い立ちムービーの映像にBGMとして、そのシーンごとに合った曲をつけると雰囲気が盛り上がります。曲を選ぶ際に、映像の雰囲気と曲の歌詞を一致させるのがコツです。お二人の思い出の曲を選ぶのもよさそうです。選んだ曲の歌詞が、そのシーンを説明してくれるでしょう。ただし、一曲まるごと流すと長くなりますから、サビの部分だけとか、曲の一部分だけを編集で上手にカットしてください。友人にギターの上手な人や楽器の演奏が得意な人がいれば、そういう人に映像に合わせて楽器を弾いてもらうのもいいかもしれません。選曲も写真選びと同様、生い立ちムービーを作る際にかなり重要なものとなりますから、十分に時間を取って編集した方が良いものに仕上がります。しかし、自作をするとなると結婚式の準備だけではなく生い立ちムービーの制作時間にも準備を要するので多大な時間がかかってしまいます。そのため、どちらかが疎かになってしまうと満足のいく結婚式を挙げることができないので、プロの方に依頼しておくと良いでしょう。プロであれば満足のいく仕上がりにしてくれる他、結婚式の準備に集中して時間を費やすことができるので満足のいく式にすることが可能です。ですから、自分たちで生い立ちムービーを制作するのではなくプロの業者に依頼することが得策だと考えられます。