忘れがたい式にする|和婚のルールとマナーを熟知しよう|伝統を重んじて式を挙げるべし
男性と女性

和婚のルールとマナーを熟知しよう|伝統を重んじて式を挙げるべし

忘れがたい式にする

結婚式

理想の結婚式を挙げる

結婚式は新しく生まれた夫婦を祝うためのセレモニーです。それと同時に夫婦と参列者の未来の関係を形作る場でもありますから、参列者の立場に立って結婚式を形作るようにしましょう。例えば考えたいのがお色直しの回数です。花嫁の気持ちに立てば出来るだけ多くのウェディングドレスを着用したいものですが、お色直しの回数が増えればそれだけ参列者は待たされる時間が多くなってしまいます。余すことなく理想のウェディングドレスを着用したい場合、フォトスタジオでウェディングフォトを撮影することも可能ですから結婚式では控えましょう。また東京で挙式する際に注意したいのが引き出物です。引き出物はできるだけ参列が持ち運びしやすい物を選ぶことが大切です。特に参列者が遠方から東京の挙式に足を運んでくれる場合、割れ物は避けるようにしましょう。

式のビジョンを描く

結婚式の印象を左右する要素は幅広く存在しています。まず式の主役は新郎と新婦ですから、二人のビジュアルが何よりも大切です。個性的な結婚式を開催したい場合、型にはまったウェディングドレスではなくトレンドデザインの礼装を選んでみましょう。また東京で挙式する際にこだわりたいのが結婚式場です。式場をどこに設定するのかによってフォーマルな印象の強い式になったり、逆にアットホームな式になったりするのです。夫婦にとって理想的な結婚式のビジョンをしっかり共有した上で式場を選びましょう。他にも東京で挙式する際に重要なのが式で行う様々なプログラムです。夫婦の両親にサプライズプレゼントを贈ることもできますから、参列者が喜んでくれる演出を考えてみましょう。